タグ:暮らし・住まい* ( 33 ) タグの人気記事

青い器 * あと10日

シカゴ時代、近所のスリフトで買った、スペイン製のガラスの器。深い青が気にいっています。
d0177309_13312862.jpg
中に盛っているのは、揚げ茄子。酸味と辛味の効いた、夏の味です。
日本にいた頃は夏の定番でしたけど、日本のナスはこちらでは高いので、ちょっと贅沢品です(笑)。

***

こちらはインデペンデンスデーの週末で、またまたBBQ と行きたいところだけれど、あいにく今日は雨でした。
d0177309_13342887.jpg
昨日はNYC のホテルに一泊したのだけれど、今朝は轟く雷の音が目覚まし代わりでした。
部屋が51階だったので、ひょっとしたらいつもより雷も近かったのかもしれませんね(笑)。

考えてみたら、あと10日余りでこの家ともお別れ。
庭の雰囲気をとても気に入って借りたのだけれど、肝心の家は故障だらけ。
それでも四季折々、花を愛で、BBQ を楽しみ、紅葉に目を見張り、雪遊びを楽しみました。
今度の家は庭もないのだけれど、新しくて機能的であろうと思うので、また別の楽しみを見つけられたらいいなぁと思います。
小さなデッキで鉢植えの花でも楽しもうと思います♪

***

絵本をお引き取り下さる方の募集は、終了いたしました。
3人の方々にお引き取りいただけることになりました。
どうもありがとうございました。

***

ここでの更新は、多分今日が最後になると思います。
新しい家での生活は、こちらから
森の家ではなくなってしまうので(笑)。引っ越しても、またどうぞよろしくね♪







ランキングに参加中♪応援よろしくお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村
[PR]
by nanami_style | 2011-07-04 13:46 | 日々つれづれ

小鹿ラブ * 絵本紹介5

昨日の夕方、小鹿ちゃんが単独でこんなところまでやってきました❤
d0177309_1173738.jpg
トレーニングマシンなんかを置いてあるサンルームの前に、埋めてしまった池があるのだけれど、
その湿った土の上で体を冷やすかのように座っていました。そんなに油断してていいのかーーー?
あとで母鹿が迎えに来て帰って行きましたけど、どうやらうちは安全地帯に認定されているらしい(笑)
背中に白い斑点を背負ったまま、そろそろ単独でブラブラし始めちゃったんですね。ぷぷぷ。

さて、夏休みに入りました。
我が家の斑点を背負った者たちは、恒例のごとく友達の家を渡り歩いている。
息子は今年は特に勉強しなければならないっていうのに、そんなのはどこ吹く風である。
最近は女子も一緒に遊ぶようになったので、ちょっとヒヤヒヤ。
まぁ、こちらでは男女一緒にスリープオーバーなんてことはあり得ないので、その点はいいんだけれど。
小さい頃は、怪我や病気や成長の度合いなんかを心配するだけだった。
大きくなると、成績や将来や、関わる人間関係や、酒やタバコの心配や、まぁ色々なんである。
足元にまとわりつく彼らを煩わしく思った時もあったけど、手元に置いて心配しておける分には、
今より若干楽だったんではなかろうか、と私は密かに思っている。

***

さて、今日はそんな彼らがまだ目を輝かせて私の話を聞いていた頃のお気に入り、エッツです。
d0177309_11194730.jpg
このお話は、筆者の幼少時の思い出を脚色して書かれているらしいです。
挿絵はただの絵ではなくて、版画です。
マリー・ホール・エッツは、私たちが以前住んでいたイリノイのお隣、ウィスコンシン州で生まれました。
ウィスコンシンは人口より牛の数の方が多い、なんて今でもジョークになっているくらいのどかなところです。
そんな素敵なところで、動物と親しみながら育ったのだそうです。

そんな彼女のファンタジーの世界は、寝る前のお話にぴったりです。
d0177309_11255258.jpg
動物の中で笑えるのは人間だけだっていうのを、この本のおかげで彼らはずいぶん小さいころから知っていた気がする。
とても単純な文章だけれど、子供の夢がいっぱいです♪

お申し込みは、コメント欄から。お名前とメールアドレスを添えて非公開コメントでお願いいたします。





ランキングに参加中♪応援よろしくお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村
[PR]
by nanami_style | 2011-06-26 11:31 | 日々つれづれ

絵本紹介2 * 新しい店、古いテープ

<こちらの本にオファーをいただいております。現在お返事待ちの状況です。>
今日の絵本は「だるまちゃんシリーズ」です。
d0177309_9591438.jpg
えっ、だるまが主人公ってーーーーっ\(◎o◎)/!
って思ったんですが、これが意外と面白いんですね。
作者で挿絵も描いておられる加古里子(サトシ)氏は、東大工学部を卒業されたという経歴に、
私はヒジョーに興味をもちまして、「だるまちゃんとてんぐちゃん」を買いました。
お話も楽しく、子供たちにせがまれて、気がついたら5冊も揃えてしまいました。
この他に、同氏著の絵本「宇宙」と「科学」という本もつけて差し上げます。

締め切りは6月30日。コメント欄に非公開でお名前とメールアドレスをお知らせください。
取りに来ていただける方、NJ 限定で送料をご負担していただける方にお願いいたします。
取りに来ていただく場合も、私に会っていただく必要はありません。
発送あるいはピックアップは7月5日から10日までです。

***

うちの近くに新しいお店ができましたー。その名もThe Fresh Market
d0177309_10144155.jpg

実は以前住んでいたイリノイにもありまして、私はここがお気に入りでした。
また、デリで同じものが買えるし、ドライフルーツなんかも豊富。
ホールフーズにちょっと似ているけれど普通のものも売っていて、そんなに高くないし。
私はここでは肉や魚は買ったことがないけれど、小さめなお店で見やすくて好き。
お近くにお越しの際は、ぜひ~♪

***

最近、洋裁を始めました。私が通っていた高校は、家庭科の実技を取らなくて良かったので、基本的にお裁縫ができません(>_<)。
いろんな野望があって、自分の好きな服が載っている本を、ずいぶんと集めてました。
まぁ、そんなのを作れるようになれるのは、ずいぶんと時間が必要だと思うのだけど、型紙を起こすところから教えてもらえます。

ずいぶん前からスリフトで、布地なんかをあさっておりましたケド、なかなか服地なんていうのはないですね。
それでも綿のカワイイプリント布なんかはかなりゲットしました。
そういえば、こんな小物もゲットしております。ヴィンテージと言うほど古くはないくて、セカンドって感じ?
d0177309_10222966.jpg
でも、時代によってもこういうものもちょっと違う気がしたり(笑)。

自分の服には使わないけど、袋モノなんかに使えそう。いや、っていうか。もういっぱい集め過ぎちゃって、
抽斗ひとつに納まらなくなっちゃって。そろそろこういうものも買い控えかな~(T_T)。
早く引っ越しちゃって、バンバン買いたいものだ。
[PR]
by nanami_style | 2011-06-24 10:26 | 日々つれづれ

バンビ登場 * 絵本紹介1

最近、母鹿が小鹿を連れてうちの庭にやってくるようになりました。去年も確か、今頃だったなぁ。
d0177309_425864.jpg
小鹿たちはふざけ合ってあちこちするので、母鹿も大変であろう。
d0177309_4255741.jpg
どんな生きものでも、やっぱり子供は怖いもの知らずでやんちゃなんですね~。

去年はあんまりにも彼らが頻繁にやってきて、庭の草花を食べてしまうのでペッパースプレーを作って散布しました。
やれやれこれで大丈夫、なーんて思っていたら、そのすぐ後に雨が降り、ぜーんぶ流れてしまった(涙)。
で、結局庭の草花は、彼らの食べ放題でした(ガックシ)。今年もそうなるのかー。。。鹿レストラン・ななみ屋

***

引越しは、まずいらないものから片づけるということで、子供の本に着手。
d0177309_4302663.jpg

これは、エロール・ル・カインという人が、絵を描いたものです。
彼の名を知っている人も、チラホラいるんではないかと思うのですが、「イメージの魔術師」なーんて呼ばれているみたいです。

子供の絵本だからと言って、プラスチックのおもちゃみたいな、おざなりな色の絵はあんまり好きじゃなかった私は、
お話の内容もさることながら、絵の方もこだわって選んできたつもり。絵本と言うからには、絵もちゃんとしてないとねー、みたいな。

うちの子供たちにはもう必要なくなってしまったけれど、子供たちも私も好きだった本を処分する前に写真に撮っておこうかな、なんて。

中の挿絵はこんな感じ。
d0177309_4372758.jpg
このままポスターにしたい感じ(笑)。
d0177309_4381743.jpg


もし、欲しい方がいらしたら差し上げます。とりに来ていただける方、あるいはNJ内限定で、送料をご負担いただける方。
欲しい本が掲載された記事のコメント欄に、お名前とメールアドレス添えて、
非公開コメントでお申し込みください。追ってご連絡させていただきます。
お申し込みはいくつでも構いませんが、1掲載1セットになります(今日にお申し込みいただくと、3冊ということ)。
先着順で、締め切りは、6月30日、お引き取りと発送は7月5日~7月10日です♪
[PR]
by nanami_style | 2011-06-21 04:45 | 日々つれづれ

チャリティーコンサート * 引越しは疲れる

週末の土曜日、自閉症児とその家族を支援するチャリティーコンサートがありました。
息子のハイスクールの一つ年上の青年が主催者で、各方面からのコネクションで、
息子たちのバンドもチャリティーコンサートに出演させていただいた。
これは息子たちのバンドではなく、去年卒業した先輩のバンド。プロではないけれど、こうやってプロモーションビデオなんかを出している。彼らも後輩のために出演し、ひと肌脱いだと言ったところ。

彼らの過去の投稿も見てみたけれど、息子たちと同様、狭い地下室なんかで練習していた模様。
みんな大学に行きつつ、こういうことをやっているんだねぇ。なんだかすごく楽しそうだ。
息子たちもビデオをとり、youtube に投稿すると息巻いている。そのエネルギーをもちっと勉強に(笑)。

これを企画・運営したのは17歳の高校生。これはボランティア活動の一環で、大学入学への礎の一つとなる。
こちらの高校生は、学業、クラブ活動、アルバイト、そしてボランティア活動とかなり忙しそうではあるんだけれど、
みんなそれぞれの能力に応じた大学に、それぞれ落ち着いて行く。
勉強一本やりでないところは、当人たちにとっても大変であろうが、人間を正しく形成する上では、
好ましい環境と言えるのではなかろうか。

今回の入場料は、全て自閉症児支援センターへ寄付された。


***

引越しへの片づけは依然として進んでいない。
余計なことばかり起きたり、自ら好んでやったりしている。

食器を活用度別に分けておいて欲しいと言われたが、どうやってわけろっちゅーんだよ。
d0177309_44549.jpg
こんな状態な収納場所が、10か所以上もあるってゆーのに。
しかも、収納場所は底をついている。これは一回引っ張り出して、それぞれ入れ替えねばならないってことか?
そんなことするなら自分で包んだ方が早いんですけども。引越しはやっぱり、底なしに疲れるのだった。
[PR]
by nanami_style | 2011-06-14 04:06 | 日々つれづれ

ロブション4 * まぁそのうち、が今だ

やっとスープ@ロブション トマトのガスパチョ(なぜスペイン語なのかは不明)
d0177309_03512100.jpg
これは夫の皿で、私はなんと果敢にもスパゲティーを注文している。

ほぼ生に近い卵がのっているのが、ちょっと私の好みではなかったが、卵をからめて食べる。
d0177309_0354177.jpg
・・・うう、好みじゃないなんていってゴメンナサイ。すんごく美味しいです。しくしく。

一体いつまで続くんじゃ!?ロブション飽きたぞーーと思ってる方々。
すみません、あと2回で終わります。

***

昨日は引越し屋が段ボールを届けてくれた。
「本や今使わない衣類なんかは、入れてくださっていいですよ。割れ物はそのままにしておいてくださいね。」
というので、さっそく本でも片付けようかと思う。

その前に、シカゴから適当に夫が捨ててあった家庭画報の一部をわざわざ拾い直して持って来ていたのを、
今度こそクリッピングして、残った本体は捨てようと思っていた。
まぁそのうちやればいいと思いつつ、シカゴでもそれが出来ず、中途半端に持っている。

春海好みのギヤマンが特集されていたのはどの号だったかとめくってみたが、それらしいものはなかった。
きっと捨ててしまったに違いない。しくしく×100ぐらいだ。
やっぱり気にいったものはきちんと切り抜いて、何かに閉じておかなくては。

そうして念を入れて見始めたら、あら、こんなのもあったわねぇ、、、なんてちょうど懐かしのアルバム状態。
ちっとも作業が進みませんってーの。
今こそその時なんだよー!と言ったらば「そうだよ、今こそ捨て時だ」と夫。
「過去の歴史(って大げさだよ)からして、キミがそんなにマメなはずがない」
ちっ、こうなったら何が何でもファイルしてやるー。というわけで、本体そのままファイルしそうな勢いであります(汗)。

家庭画報の群れ
d0177309_0371115.jpg







にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by nanami_style | 2011-06-09 00:42 | 日々つれづれ

ロブション3 *

前菜2@ロブション ウニのゼリー寄せ
d0177309_2147132.jpg
卵型のガラスのケースに金箔で模様が施されて出てきました。
なんとも日本趣味な感じ(笑)。黒いソーサーにも金箔で模様が。
卵型のケースの中には、オマールで出汁を取ったゼリーの中に、ウニが隠れていました。
濃厚な磯の香りのゼリーに、なぜか五反田のヌキテパを思い出す。
バラの花びらを添えて、冷たい情熱。。。って感じ(笑)?




にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by nanami_style | 2011-06-07 21:58 | 日々つれづれ

花の顔(かんばせ) * ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション

庭の芍薬が今年も匂やかに咲いている。実際にそんなにいい匂いはしないのだけれど(笑)。
d0177309_21442514.jpg
百花の王なんて呼ばれている牡丹と同じ種類であるらしい。
丸い花の形は芍薬の方が可愛いと思うのだけれど、散り際の潔さは牡丹の方が好き。
バラも美しいけれど、牡丹や芍薬も大好き。蜜がたくさんあるらしく、アリはもちろんのこと、
小さなシマリスまで花房にもぐりこんで、せっかく美しく咲いているのを、台無しにしてしまいます。
去年は刈り取って家に飾ったのだけど、今年はそのままにして楽しんでいます。

***

土曜日はマンハッタンに行き、ショッピング&ディナーを楽しんできました。
d0177309_21483661.jpg
9時前ごろまでこんな感じで明るいので、みなさんディナーに来るのは8時ごろから。
私たちは空いている時間に、のんびり楽しんできました。
ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブションは、ホテルの中にある小さなお店。
カウンター席でいただくフレンチは、なんだか銀座のすし屋のノリ(笑)。ポーションが小さいので、我々日本人も、
何種類か食べることができます。私は4皿も食べちゃいました。盛りつけも繊細で、美味しかったですよ~。
カウンターのサーブの人と、取りとめもないことを時々話し、本当にお寿司屋さんみたい。
前菜の中には、実際のフレンチにはあり得ないようなアメリカナイズされたメニューもありますが、
カジュアルな感じのお店なので、まぁいいんであろうと思う。気軽にまた行きたい感じ。
ジャズが流れ、きっと満席になったなら、ざわざわと心地よい喧騒で空間が満たされるのであろう。

去年の夏に日本に帰った時、日本のレストランの静けさに圧倒されて帰ってきた。
日本人は静かにお行儀よく食事をし、アメリカ人は会話を楽しみながら食事をするって感じ?
お国柄によるマナーの違いなんでしょうね~。

今日はアミューズ。
d0177309_221453.jpg
(お店の人に許可を得て撮影しています)





にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by nanami_style | 2011-06-06 22:05 | 旅行・おでかけ

ベリーミックス * 復活の兆し

春先からなんとなーく体調不良だった間に、唯一ワタシの食欲を刺激したのは、果物だった。
d0177309_13293878.jpg
というか、簡単に食べられるのが、サラダや果物だったと言うだけのこと(笑)。
日本にいたなら、ちょっとそこまでって感じでスーパーに行けば、すぐ食べられるものがなんでも売っている。
こちらでもスーパーに行けば、すぐ食べられるものがなんでも売っているけれど、自分の好みに合わないという
問題がある。唯一買ったもので食べられたのが、近所のファーマーズマーケットにあるドーナツとブロッコリのスープ。
自分で作る気力のない時は、みなさんどうしているんだろう。。。?

ベリーミックスの器は、アンカーホッキングEAPC 。ベリーボウルなのか、サラダボウルなのか。
多分、大きさからいったらサラダボウルであろうと思う。
ふちのヒラヒラが可愛くて大好き♪


***

今日はイベントがあり、そのおかげでかなり復活。
いい調子の日が続いていたけれど、今度こそ完全復帰かな~と思う。
引越し前に、何としてでもいつもの調子を取り戻したいものだ。

家の中でウジウジしていると、体が萎えてしまいそうなので、明日はマンハッタ~~ン!
前から行きたかった店に行ってみよう。女の元気の元は、やっぱ買物だわ。ほほほ~。





にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by nanami_style | 2011-06-04 13:43 | アンカーホッキング

餃子 * 引越しの見積もり

週末の定番は餃子。中身の用意や、一つ一つ包むのや、計画的にやらないと、おかずが餃子だけってことになる。
d0177309_12512420.jpg
それだけは、どうしても避けたい。だから、なんだか週末のおかずになっちゃうんだな。
餃子を盛っている皿は、Mikasa のベン・セイベル。一番大きな皿に、フライパン一周ぶんの餃子がぴったり。
ちょっと真中が淋しいね(笑)。

***

今日は、引越業者大手3社の、我が家に対する物量チェックが終わった。
誰もが言うのが「割れ物が多いですね」ってことだ。
さすがに「え、まだあるんですか?」なんて夫のようには言わないが、かなりの時間と人員を
梱包に費やすであろうと3社ともが念を押して行った。

業界最大手であろうと思われるA社の見積もりは、非常にアバウトで高額だった。
B社の見積もりは、妥当な線。
残るC社の見積もりは、来週早々にも来るであろう。

私としては、日本国内の引越しでもお世話になっていたC社がいいな~と思うんであるが、
さて、お値段はいくらぐらいだろう~~~?
こういう業界も、海外赴任者の転勤に伴って、必ず仕事があるであろうから、なんだかお役所仕事みたいに
サービス精神に欠けている気がするのは、私だけであろうか。
彼らの言うがままの料金が、本当に妥当であるかははなはだ疑問である。
私たちも概ね会社が全額負担であるから、あまり気にかけないけれど、今回のA社の見積もりは、非常に驚くべき金額だったなぁ。

さてと。私は少しでも物を減らすべく、色々処分しまくらねばならない。
今度の家は、ちょっと小さめ。そこに納まるぐらいの物量にせねば~~~(汗)。
ということで、これから少し、いや、大いに買い控えです、トホホ。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by nanami_style | 2011-05-28 13:03 | その他の古い陶器