<   2011年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

小鹿ラブ * 絵本紹介5

昨日の夕方、小鹿ちゃんが単独でこんなところまでやってきました❤
d0177309_1173738.jpg
トレーニングマシンなんかを置いてあるサンルームの前に、埋めてしまった池があるのだけれど、
その湿った土の上で体を冷やすかのように座っていました。そんなに油断してていいのかーーー?
あとで母鹿が迎えに来て帰って行きましたけど、どうやらうちは安全地帯に認定されているらしい(笑)
背中に白い斑点を背負ったまま、そろそろ単独でブラブラし始めちゃったんですね。ぷぷぷ。

さて、夏休みに入りました。
我が家の斑点を背負った者たちは、恒例のごとく友達の家を渡り歩いている。
息子は今年は特に勉強しなければならないっていうのに、そんなのはどこ吹く風である。
最近は女子も一緒に遊ぶようになったので、ちょっとヒヤヒヤ。
まぁ、こちらでは男女一緒にスリープオーバーなんてことはあり得ないので、その点はいいんだけれど。
小さい頃は、怪我や病気や成長の度合いなんかを心配するだけだった。
大きくなると、成績や将来や、関わる人間関係や、酒やタバコの心配や、まぁ色々なんである。
足元にまとわりつく彼らを煩わしく思った時もあったけど、手元に置いて心配しておける分には、
今より若干楽だったんではなかろうか、と私は密かに思っている。

***

さて、今日はそんな彼らがまだ目を輝かせて私の話を聞いていた頃のお気に入り、エッツです。
d0177309_11194730.jpg
このお話は、筆者の幼少時の思い出を脚色して書かれているらしいです。
挿絵はただの絵ではなくて、版画です。
マリー・ホール・エッツは、私たちが以前住んでいたイリノイのお隣、ウィスコンシン州で生まれました。
ウィスコンシンは人口より牛の数の方が多い、なんて今でもジョークになっているくらいのどかなところです。
そんな素敵なところで、動物と親しみながら育ったのだそうです。

そんな彼女のファンタジーの世界は、寝る前のお話にぴったりです。
d0177309_11255258.jpg
動物の中で笑えるのは人間だけだっていうのを、この本のおかげで彼らはずいぶん小さいころから知っていた気がする。
とても単純な文章だけれど、子供の夢がいっぱいです♪

お申し込みは、コメント欄から。お名前とメールアドレスを添えて非公開コメントでお願いいたします。





ランキングに参加中♪応援よろしくお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村
[PR]
by nanami_style | 2011-06-26 11:31 | 日々つれづれ

小さなウィロウ * 絵本紹介3と4

ウィロウを集め始めた頃に、ネットでヒットしたところで買ったもの。現行品であろうと思われる。
d0177309_9274631.jpg
自分の持っているウィロウ本やバックスタンプの本で、この子が何者なのか調べてみたけれど、
決定的な情報は得られず(涙)。何となーく似ているのは有るんだけれど、やわやわとしたプリントで、はっきりわからなかったな。
d0177309_929326.jpg
デミタスは、ちんまりとして可愛くて、ついつい買ってしまうのだけど。これといって出番はないのだった(笑)。

***

今日の絵本紹介は、一気に3と4 。まずは3からご紹介♪
d0177309_931439.jpg
赤羽末吉氏のシリーズです。
この方は、ずいぶんといろんな賞を受賞されているらしいですが、この素朴な感じの絵が大好きです。
最初に買ったのは「かちかちやま」。ユーモアもたっぷりで笑えちゃいます。



<こちらは貰って下さる方が決定いたしました。ありがとうございます。>
それからこちらは、何やら難しそうなタイトルだけれど、小人たちが数学のセオリーを楽しく解説してくれます。
d0177309_9355976.jpg
何にも難しいことは書いてありません。
小人と一緒に楽しんでくださいね♪
d0177309_937860.jpg


***

息子が2歳になるちょっと前から(娘は生まれた時から・笑)、それぞれが小学3年生になるころまで、
ずーっと夜眠る前に本を読んでやりました。
時には2冊、3冊とリクエストされたのも、懐かしい思い出です。

子供はあっという間に大きくなって、少しずつ親の手を必要としなくなり、嬉しいはずの自立も時に淋しく感じたり。
ふとあの頃を振り返り、懐かしさと淋しさと安堵の入り混じった複雑な気分です(笑)。



引き取ってくださる方は、コメント欄から非公開コメントでメールアドレスとお名前をお知らせください。
それから、NJ 限定とさせていただいておりましたが、州外の方もOK です。
日系の書店がない州もありますし、そのようにアドバイスしてくださった方がありました。
送料をご負担いただきますが、よろしかったらお申し込みください。
[PR]
by nanami_style | 2011-06-25 09:50 | ブルーウィロウ

絵本紹介2 * 新しい店、古いテープ

<こちらの本にオファーをいただいております。現在お返事待ちの状況です。>
今日の絵本は「だるまちゃんシリーズ」です。
d0177309_9591438.jpg
えっ、だるまが主人公ってーーーーっ\(◎o◎)/!
って思ったんですが、これが意外と面白いんですね。
作者で挿絵も描いておられる加古里子(サトシ)氏は、東大工学部を卒業されたという経歴に、
私はヒジョーに興味をもちまして、「だるまちゃんとてんぐちゃん」を買いました。
お話も楽しく、子供たちにせがまれて、気がついたら5冊も揃えてしまいました。
この他に、同氏著の絵本「宇宙」と「科学」という本もつけて差し上げます。

締め切りは6月30日。コメント欄に非公開でお名前とメールアドレスをお知らせください。
取りに来ていただける方、NJ 限定で送料をご負担していただける方にお願いいたします。
取りに来ていただく場合も、私に会っていただく必要はありません。
発送あるいはピックアップは7月5日から10日までです。

***

うちの近くに新しいお店ができましたー。その名もThe Fresh Market
d0177309_10144155.jpg

実は以前住んでいたイリノイにもありまして、私はここがお気に入りでした。
また、デリで同じものが買えるし、ドライフルーツなんかも豊富。
ホールフーズにちょっと似ているけれど普通のものも売っていて、そんなに高くないし。
私はここでは肉や魚は買ったことがないけれど、小さめなお店で見やすくて好き。
お近くにお越しの際は、ぜひ~♪

***

最近、洋裁を始めました。私が通っていた高校は、家庭科の実技を取らなくて良かったので、基本的にお裁縫ができません(>_<)。
いろんな野望があって、自分の好きな服が載っている本を、ずいぶんと集めてました。
まぁ、そんなのを作れるようになれるのは、ずいぶんと時間が必要だと思うのだけど、型紙を起こすところから教えてもらえます。

ずいぶん前からスリフトで、布地なんかをあさっておりましたケド、なかなか服地なんていうのはないですね。
それでも綿のカワイイプリント布なんかはかなりゲットしました。
そういえば、こんな小物もゲットしております。ヴィンテージと言うほど古くはないくて、セカンドって感じ?
d0177309_10222966.jpg
でも、時代によってもこういうものもちょっと違う気がしたり(笑)。

自分の服には使わないけど、袋モノなんかに使えそう。いや、っていうか。もういっぱい集め過ぎちゃって、
抽斗ひとつに納まらなくなっちゃって。そろそろこういうものも買い控えかな~(T_T)。
早く引っ越しちゃって、バンバン買いたいものだ。
[PR]
by nanami_style | 2011-06-24 10:26 | 日々つれづれ

バンビ登場 * 絵本紹介1

最近、母鹿が小鹿を連れてうちの庭にやってくるようになりました。去年も確か、今頃だったなぁ。
d0177309_425864.jpg
小鹿たちはふざけ合ってあちこちするので、母鹿も大変であろう。
d0177309_4255741.jpg
どんな生きものでも、やっぱり子供は怖いもの知らずでやんちゃなんですね~。

去年はあんまりにも彼らが頻繁にやってきて、庭の草花を食べてしまうのでペッパースプレーを作って散布しました。
やれやれこれで大丈夫、なーんて思っていたら、そのすぐ後に雨が降り、ぜーんぶ流れてしまった(涙)。
で、結局庭の草花は、彼らの食べ放題でした(ガックシ)。今年もそうなるのかー。。。鹿レストラン・ななみ屋

***

引越しは、まずいらないものから片づけるということで、子供の本に着手。
d0177309_4302663.jpg

これは、エロール・ル・カインという人が、絵を描いたものです。
彼の名を知っている人も、チラホラいるんではないかと思うのですが、「イメージの魔術師」なーんて呼ばれているみたいです。

子供の絵本だからと言って、プラスチックのおもちゃみたいな、おざなりな色の絵はあんまり好きじゃなかった私は、
お話の内容もさることながら、絵の方もこだわって選んできたつもり。絵本と言うからには、絵もちゃんとしてないとねー、みたいな。

うちの子供たちにはもう必要なくなってしまったけれど、子供たちも私も好きだった本を処分する前に写真に撮っておこうかな、なんて。

中の挿絵はこんな感じ。
d0177309_4372758.jpg
このままポスターにしたい感じ(笑)。
d0177309_4381743.jpg


もし、欲しい方がいらしたら差し上げます。とりに来ていただける方、あるいはNJ内限定で、送料をご負担いただける方。
欲しい本が掲載された記事のコメント欄に、お名前とメールアドレス添えて、
非公開コメントでお申し込みください。追ってご連絡させていただきます。
お申し込みはいくつでも構いませんが、1掲載1セットになります(今日にお申し込みいただくと、3冊ということ)。
先着順で、締め切りは、6月30日、お引き取りと発送は7月5日~7月10日です♪
[PR]
by nanami_style | 2011-06-21 04:45 | 日々つれづれ

Ben Seibel * 何も作りたくない日

Ben Seibel の皿を時々アップしていましたが、全体的にこれくらい集まりました。
d0177309_11254424.jpg
なぜか黄色ばっかり集まってくるんだけれど、本当は好きなブルー系に出会いたいなぁと切に願っている。

ノリタケやブルーウィロウとは、ちょっと違う路線だけれど、こういうコンテンポラリーのハシリみたいなのも好きです。

***

最近、喜ばしくないことなどがあり、その事後処理に追われている。
何かが起こっても処理は英語なので、精神的にヒジョーに消耗する。
夫がパリで病気になった時もそうだったけれど、不測の事態で気分が波立つのに、母国語が使えないというのは結構大変。
まぁそれでもでも助けてくれる友達がそばにいてくれるのが、やっぱり心強いなぁと思う。

今日は楽しみにしていたイベントがあったのだけど、家族の都合でそれも行けなくなり、結構気分的に腐っている。
何もやる気がしない時は、まぁせいぜい手抜きな料理でしのぐ(笑)。材料があんまりなくても、何とか食べられる。
d0177309_11335541.jpg
炊き込みご飯などは具を作るところから始めなくてはならなくて、かなり時間を要するけれど、
酢飯を作るのは簡単。ありあわせの材料と、お吸い物。ちょっと和え物などを添えて。
すし飯には、白ガリのみじん切りとゴマが入っています。ちょっと夏っぽい味。
明日は真面目に作るかなー。。。

皆さんは、どんな割合ですし酢を合わせてますか?私は配合してから、一度酢を沸騰させちゃいます。
基本的には3合のご飯をすし飯仕様でたき、砂糖1/2cup,酢1/2cup,塩大さじを基本にして、
切り身用(手巻きなどの時)は、砂糖を少し少なめにしています(カップは日本のもの)。
市販の合わせ酢だったら、もっとらくちんですけども、なんだか今まで使う機会がなく来ちゃいました。
ちょっと甘くて濃いめのすし酢が、うちの好みっぽいです(笑)。
[PR]
by nanami_style | 2011-06-19 11:44 | その他の古い陶器

カルピスの思い出 * ARVANA

子供の頃、母がいれてくれるカルピスは、なんだか薄味で、いつも自分で注ぎ足していた。
d0177309_485149.jpg
ケチケチしないで、もっとカルピスをいっぱい入れてくれたらいいのに、といつも思っていた。
今、自分にちょうどよい濃さで、ケチケチしないでいれているつもりのカルピス。
娘は口をとがらせて、「ケチケチしないでもっとカルピスをいっぱいいれてよ。」と言いながら注ぎ足している。

大人の口と、子供の口はちょっとお好みが違ったようで。母もきっとこんな気分だったに違いない(笑)。

***

春の大掃除の頃、スリフトで見つけたオールドノリタケ。
d0177309_412091.jpg
どのあたりからオールドと言うのかよくわからないけれど、こちらは1933年ごろのお品。
うちの母と同世代であろうと思う。

パン皿とベリーボウル、それからプラッターと、何やらスープでも入れそうなハンドル付きの大きなボウル。
d0177309_4142117.jpg
M in wreath small bow 3 leaves / 1933 / ARVANA

ハンドル付きのボウルに、正月のお節でも盛りつけてみたいものだ。
野望を胸に、来年の正月を待つ。その間に料理の腕前も磨きたいものだ。それは気が向いたらということで(笑)。
[PR]
by nanami_style | 2011-06-16 04:18 | オールドノリタケ

チャリティーコンサート * 引越しは疲れる

週末の土曜日、自閉症児とその家族を支援するチャリティーコンサートがありました。
息子のハイスクールの一つ年上の青年が主催者で、各方面からのコネクションで、
息子たちのバンドもチャリティーコンサートに出演させていただいた。
これは息子たちのバンドではなく、去年卒業した先輩のバンド。プロではないけれど、こうやってプロモーションビデオなんかを出している。彼らも後輩のために出演し、ひと肌脱いだと言ったところ。

彼らの過去の投稿も見てみたけれど、息子たちと同様、狭い地下室なんかで練習していた模様。
みんな大学に行きつつ、こういうことをやっているんだねぇ。なんだかすごく楽しそうだ。
息子たちもビデオをとり、youtube に投稿すると息巻いている。そのエネルギーをもちっと勉強に(笑)。

これを企画・運営したのは17歳の高校生。これはボランティア活動の一環で、大学入学への礎の一つとなる。
こちらの高校生は、学業、クラブ活動、アルバイト、そしてボランティア活動とかなり忙しそうではあるんだけれど、
みんなそれぞれの能力に応じた大学に、それぞれ落ち着いて行く。
勉強一本やりでないところは、当人たちにとっても大変であろうが、人間を正しく形成する上では、
好ましい環境と言えるのではなかろうか。

今回の入場料は、全て自閉症児支援センターへ寄付された。


***

引越しへの片づけは依然として進んでいない。
余計なことばかり起きたり、自ら好んでやったりしている。

食器を活用度別に分けておいて欲しいと言われたが、どうやってわけろっちゅーんだよ。
d0177309_44549.jpg
こんな状態な収納場所が、10か所以上もあるってゆーのに。
しかも、収納場所は底をついている。これは一回引っ張り出して、それぞれ入れ替えねばならないってことか?
そんなことするなら自分で包んだ方が早いんですけども。引越しはやっぱり、底なしに疲れるのだった。
[PR]
by nanami_style | 2011-06-14 04:06 | 日々つれづれ

ロブション6 * ウェックスフォードC&S

あぁ、やっとデザート@ロブション ロブションだけで、約1週間も費やしてしまった。皆様お疲れさまでした(笑)。
d0177309_416963.jpg
濃厚なチョコレートクリームがかかった、チョコレートケーキ。
ケーキのレイヤーにはプラリネクリームみたいなのが挟まっていて、どちらかというとチョコレートクリームなしで、
本体だけ食べた方が私の好みでした。っていうか、すでにお腹いっぱいだったので、そう感じたのだろうと思う。
これだけを、ティータイムに食べたら、そりゃぁ美味しいであろうと思われる。

そういえば、ここの食器は白くてシンプルな中にもちょいひねり。クレート&バーレルの食器でした。
私が持ってるのと同じ食器もありました。シンプルで料理が映えますね。
でも、オールドノリタケとか、ああいうクドイ柄に美味しそうに料理を盛れるようになりたいなーと、私は思ったりしている。
ちょっと難しそう(汗)。

***

今日は久々に食器ネタ。
d0177309_4223158.jpg
EAPC と同じ頃作られていたのであろう、ウェックスフォード。
スリフトなんかにもゴロゴロしているのだけれど、なかなか綺麗なものを集めるのは大変です。

これはクリーマー&シュガーポットなのだけど、こんなに大きいのはいらないよねぇ。。。
私としては、白玉とかき氷と小倉あんをシュガーポットに入れて、クリーマーには黒蜜を入れ、
デザート用に使いたいなぁなんて思っている。するってーと、これを6セット集めねばならないということですね(汗)。
コレクションは始まったばかりだな。。。

そもそも最初に手に入れたのは、このトレーの方。
d0177309_426834.jpg
そしてあとからクリーマー&シュガーが揃って出てきてくれたのだった。
目指せ6セットコンプリート!!
[PR]
by nanami_style | 2011-06-11 00:46 | アンカーホッキング

ロブション5 * My First Roger Vivier

やっとメイン@ロブション wagyu(和牛)というのは、どうやら固有名詞になったらしい。
スライスした和牛、とメニューには書いてあったのだけど、それをまた賽の目のように切ってありました。
d0177309_0271782.jpg
「この値段でこの量だったら、僕の同僚(アメリカ人)は怒るだろうなぁ」と夫。
確かにアメリカのステーキは大きいもんね。あんなの絶対に一人じゃ食べられない気がするのだけれど、
日本のステーキと違ってさしが入っていないので、何となーくおしゃべりしながら食べられちゃったりするのだ。
恐るべし、慣れ!!
今回のこのステーキは、バッチリさし入りで、やっぱり和牛は美味しいなぁと思ったのでした。
だから、この量でちょうどいいんだよ。

そしてこちらは付け合わせのマッシュドポテト。
d0177309_0275645.jpg
こちらもクリーミーでとても美味。

***

今日は100°F 越えだとかで、息子のハイスクールは半日で終わりです。
どれくらい前の建物か知らないけれど、冷房設備がない教室もあるとかで、熱中症にでもなられたら大変!
ということらしい。それにしても100°F っていうのは、東部ではそんなに出ない温度なのかしらね?
厳密に計算すると36.5℃越えって感じ。
半日をいいことに、息子は今日もスクールバスで友達の家に直接乗り付け、バンドの練習らしい。
ってゆーか、ファイナル近いんですけども、どうなってるんですかーーーー??

***

初めてVivier を買いました♪
d0177309_03522.jpg

シンプルなのを買おう!と思って行ったのに、こんなゼブラみたいなのを買っちゃって(汗)。
でも夫によれば「店に入った瞬間、キミがどれを買うのか分かった。やっぱり予想通りだった。」と言うので、
これはきっと私の超好みなんであろうと思う。あー、これにどんな服を合わせよう~~~?
雨の日は、いくら車でももったいなくて履けないね。ふふふ。
[PR]
by nanami_style | 2011-06-10 00:38 | 食べ物色々

ロブション4 * まぁそのうち、が今だ

やっとスープ@ロブション トマトのガスパチョ(なぜスペイン語なのかは不明)
d0177309_03512100.jpg
これは夫の皿で、私はなんと果敢にもスパゲティーを注文している。

ほぼ生に近い卵がのっているのが、ちょっと私の好みではなかったが、卵をからめて食べる。
d0177309_0354177.jpg
・・・うう、好みじゃないなんていってゴメンナサイ。すんごく美味しいです。しくしく。

一体いつまで続くんじゃ!?ロブション飽きたぞーーと思ってる方々。
すみません、あと2回で終わります。

***

昨日は引越し屋が段ボールを届けてくれた。
「本や今使わない衣類なんかは、入れてくださっていいですよ。割れ物はそのままにしておいてくださいね。」
というので、さっそく本でも片付けようかと思う。

その前に、シカゴから適当に夫が捨ててあった家庭画報の一部をわざわざ拾い直して持って来ていたのを、
今度こそクリッピングして、残った本体は捨てようと思っていた。
まぁそのうちやればいいと思いつつ、シカゴでもそれが出来ず、中途半端に持っている。

春海好みのギヤマンが特集されていたのはどの号だったかとめくってみたが、それらしいものはなかった。
きっと捨ててしまったに違いない。しくしく×100ぐらいだ。
やっぱり気にいったものはきちんと切り抜いて、何かに閉じておかなくては。

そうして念を入れて見始めたら、あら、こんなのもあったわねぇ、、、なんてちょうど懐かしのアルバム状態。
ちっとも作業が進みませんってーの。
今こそその時なんだよー!と言ったらば「そうだよ、今こそ捨て時だ」と夫。
「過去の歴史(って大げさだよ)からして、キミがそんなにマメなはずがない」
ちっ、こうなったら何が何でもファイルしてやるー。というわけで、本体そのままファイルしそうな勢いであります(汗)。

家庭画報の群れ
d0177309_0371115.jpg







にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by nanami_style | 2011-06-09 00:42 | 日々つれづれ