<< 青い器 * あと10日 小さなウィロウ * 絵本紹介3と4 >>

小鹿ラブ * 絵本紹介5

昨日の夕方、小鹿ちゃんが単独でこんなところまでやってきました❤
d0177309_1173738.jpg
トレーニングマシンなんかを置いてあるサンルームの前に、埋めてしまった池があるのだけれど、
その湿った土の上で体を冷やすかのように座っていました。そんなに油断してていいのかーーー?
あとで母鹿が迎えに来て帰って行きましたけど、どうやらうちは安全地帯に認定されているらしい(笑)
背中に白い斑点を背負ったまま、そろそろ単独でブラブラし始めちゃったんですね。ぷぷぷ。

さて、夏休みに入りました。
我が家の斑点を背負った者たちは、恒例のごとく友達の家を渡り歩いている。
息子は今年は特に勉強しなければならないっていうのに、そんなのはどこ吹く風である。
最近は女子も一緒に遊ぶようになったので、ちょっとヒヤヒヤ。
まぁ、こちらでは男女一緒にスリープオーバーなんてことはあり得ないので、その点はいいんだけれど。
小さい頃は、怪我や病気や成長の度合いなんかを心配するだけだった。
大きくなると、成績や将来や、関わる人間関係や、酒やタバコの心配や、まぁ色々なんである。
足元にまとわりつく彼らを煩わしく思った時もあったけど、手元に置いて心配しておける分には、
今より若干楽だったんではなかろうか、と私は密かに思っている。

***

さて、今日はそんな彼らがまだ目を輝かせて私の話を聞いていた頃のお気に入り、エッツです。
d0177309_11194730.jpg
このお話は、筆者の幼少時の思い出を脚色して書かれているらしいです。
挿絵はただの絵ではなくて、版画です。
マリー・ホール・エッツは、私たちが以前住んでいたイリノイのお隣、ウィスコンシン州で生まれました。
ウィスコンシンは人口より牛の数の方が多い、なんて今でもジョークになっているくらいのどかなところです。
そんな素敵なところで、動物と親しみながら育ったのだそうです。

そんな彼女のファンタジーの世界は、寝る前のお話にぴったりです。
d0177309_11255258.jpg
動物の中で笑えるのは人間だけだっていうのを、この本のおかげで彼らはずいぶん小さいころから知っていた気がする。
とても単純な文章だけれど、子供の夢がいっぱいです♪

お申し込みは、コメント欄から。お名前とメールアドレスを添えて非公開コメントでお願いいたします。





ランキングに参加中♪応援よろしくお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村
[PR]
by nanami_style | 2011-06-26 11:31 | 日々つれづれ
<< 青い器 * あと10日 小さなウィロウ * 絵本紹介3と4 >>