<< カルピスの思い出 * ARVANA ロブション6 * ウェックスフ... >>

チャリティーコンサート * 引越しは疲れる

週末の土曜日、自閉症児とその家族を支援するチャリティーコンサートがありました。
息子のハイスクールの一つ年上の青年が主催者で、各方面からのコネクションで、
息子たちのバンドもチャリティーコンサートに出演させていただいた。
これは息子たちのバンドではなく、去年卒業した先輩のバンド。プロではないけれど、こうやってプロモーションビデオなんかを出している。彼らも後輩のために出演し、ひと肌脱いだと言ったところ。

彼らの過去の投稿も見てみたけれど、息子たちと同様、狭い地下室なんかで練習していた模様。
みんな大学に行きつつ、こういうことをやっているんだねぇ。なんだかすごく楽しそうだ。
息子たちもビデオをとり、youtube に投稿すると息巻いている。そのエネルギーをもちっと勉強に(笑)。

これを企画・運営したのは17歳の高校生。これはボランティア活動の一環で、大学入学への礎の一つとなる。
こちらの高校生は、学業、クラブ活動、アルバイト、そしてボランティア活動とかなり忙しそうではあるんだけれど、
みんなそれぞれの能力に応じた大学に、それぞれ落ち着いて行く。
勉強一本やりでないところは、当人たちにとっても大変であろうが、人間を正しく形成する上では、
好ましい環境と言えるのではなかろうか。

今回の入場料は、全て自閉症児支援センターへ寄付された。


***

引越しへの片づけは依然として進んでいない。
余計なことばかり起きたり、自ら好んでやったりしている。

食器を活用度別に分けておいて欲しいと言われたが、どうやってわけろっちゅーんだよ。
d0177309_44549.jpg
こんな状態な収納場所が、10か所以上もあるってゆーのに。
しかも、収納場所は底をついている。これは一回引っ張り出して、それぞれ入れ替えねばならないってことか?
そんなことするなら自分で包んだ方が早いんですけども。引越しはやっぱり、底なしに疲れるのだった。
[PR]
by nanami_style | 2011-06-14 04:06 | 日々つれづれ
<< カルピスの思い出 * ARVANA ロブション6 * ウェックスフ... >>